公的年金について

年金制度について理解されていますか?

公的年金制度は、20歳以上60歳未満のすべての方が加入する国民年金と、

会社員・公務員・教職員の方が加入する厚生年金保険、

任意で入る私的年金が加わると最大で3階建て構造になっています。

そして、年金給付の種類が3つあることを知っていますか?

①老後の生活を支える「老齢年金」

 年金保険料を支払っていた人が65歳になってから毎月受け取れる年金。

 国民年金のみに加入の自営業の人や会社員の扶養配偶者は65歳になってから基礎年金を受け取り

 厚生年金に加入していた会社員や公務員は厚生年金を受け取ります。

②障害状態になったときの生活を支える「障害年金」

 原因を問わず「働けない状態」を包括的に対象とするために、障害の部位・傷病の種類ごとに

 具体的な認定基準が定められています。

 国民年金に加入の人は障害基礎年金、厚生年金に加入している人は障害厚生年金を受け取ります。 

③加入者が亡くなった時に遺族を支える「遺族年金」

 年金加入期間や年金受給期間に亡くなった場合、その条件に応じて支給されます。

 亡くなった人が国民年金に加入の場合、遺族に遺族基礎年金が支払われ、

 厚生年金保険に加入して受給条件を満たしている場合には遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方が支払われます。

基本的な年金制度についてでしたが、それぞれの給付額についても調べてみると

民間保険の必要性や貯蓄の必要性に気付くのではないでしょうか。